比較で知る白髪染め

白髪染めで薄毛に?というウワサがありますが、これは本当でしょうか。まず、白髪染めのタイプから、みていきたいと思いますが、従来のタイプは、1液と2液を混ぜて使用するタイプの白髪染めで、色をしっかりつけるタイプですね。キューティクルを壊して、中まで浸透させるタイプですが、これは髪の毛が傷んでしまったり、切れ毛、枝毛の原因になりやすくなります。つまり、髪に元気がなくなり、髪が減ったような感じになってしまうかもしれません。

それから、ヘアーマニキュアですが、これは、キューティクルを壊さず、毛髪のまわりの部分に色をつけるタイプなので、1ヶ月以上の時間が経過した場合は、色が落ちてきます。髪の毛はあまり傷みませんが、ドライアーなどの使い方次第で、傷む可能性もあります。

それに対して、トリートメントタイプの白髪染めは、髪が傷まないばかりか、髪をつやつやに保ち、水分も補給してくれるというメリットがあります。しかも使い方が簡単なので、手軽に用いることができます。つまり、いきいきとした、ハリのある髪なら、少なくなったような感覚にはなりません。髪がいたんでくると、水分がなくなり、ぱさぱさになって、薄くなったように、髪の毛が軽くなってしまうからです。髪の毛に大切なのは、適当な油分と水分ですが、このバランスが大切です。