先天性の白髪と後天的な白髪

先天性白皮症と白髪についてですが、先天性白皮症は、先天性色素欠乏症や、白子症、個体については、白子個体、白子と呼ばれることがあります。これが原因で白髪になる場合もあり、先天性白皮症は、メラニンの生合成に支障をきたしてしまう、遺伝子疾患から起こるもので、そのことによって、メラニン沈着組織の色素が欠乏してしまいます。

従って、先天性白皮症の人は、髪の毛が銀髪、金髪といった色で、色素が薄くなっている状態にあります。こうした先天性の白髪に対して、後天的な白髪とはどういう状態かというと、老化によるもの、過度のストレスによるもの、栄養不足によるものといった原因も考えられます。

老化やストレス、栄養不足で共通するのは、毛根に栄養が行かなくなってしまうという原因がもとで、白髪が発生します。ストレスがたまると、血行促進が妨げられますし、栄養不足でも同様、新陳代謝が悪くなってしまいます。老化現象が起こっている場合でも、栄養分が充分に頭皮に行かなくなりますので、メラニン色素の作用などで黒くなるものが、ならずにもともとの白い髪の毛のままになってしまうという現象が起こってしまいます。ですから、防止方法としては、ストレスをため込まず、栄養をしっかりとり、睡眠不足にならないようにする。頭皮はマッサージしたり、シャンプーも自然のものを選び、白髪染めにおいても、天然成分のトリートメントタイプを選ぶと、髪にもよい影響を与えるでしょう。