ホルモンバランスによる白髪

老化現象と白髪について、予防方法はないのだろうか、と思っている方もいらっしゃるかと思います。女性ホルモンが年齢とともに減ってくると、白髪が増えるという説があり、女性ホルモンには肌や髪を美しく保つ働きがあると言われています。ですから、白髪との因果関係もあると言われています。このホルモンですが、男女問わず、両方のホルモン、男性ホルモンと女性ホルモンを持っています。男性は、男性ホルモンが7に対して、女性ホルモンが1、女性の場合は、男性ホルモンが1で、それに対して女性ホルモンが2なのだそうです。

これらのホルモンは年齢とともに減少してきます。そして、男性の方が女性よりも白髪になりやすい体質で、髪全体が白髪になるパターンも多いようです。女性の場合は、黒髪も多く残るため、まだらに白くなるパターンの方が多いようです。ただし、女性は更年期を堺に、女性ホルモンが急激に減少してしまいます。

このタイミングで、女性の場合は、白髪の量が増えてしまうようなのです。つまり閉経の5年前後から、白髪が増えやすくなるそうです。ただし、心配はありません。減少してしまった女性ホルモンというのは、あとから補うこともできるのです。エストロゲンの低下によって、不調になるのが更年期ですが、大豆やイソフラボンがいいと言われています。これらにはエストロゲンが含まれていると言われています。